総務委員会

新年賀詞交歓会
日時 平成25年1月17日(木)
場所 名鉄トヤマホテル
 
新年賀詞交歓会 松岡会長 新年賀詞交歓会アトラクション
  松岡会長 アトラクション

 関連団体よりご来賓をお招きし、優秀な人材を確保・育成し、地球と人に優しい環境対策の強化を誓い、顧客に信頼される電設業界を目指し会員相互の親睦を深めた。

(一社)日本電設工業協会 平成24年度会員大会


平成24年10月18日(木) (一社) 日本電設工業協会 平成24年度会員大会が、鹿児島市において開催された。
会長の挨拶、来賓挨拶に続き、基調報告を行い大会決議を採択した。

[基調報告]

○海外建設市場の動向と電設協の取り組み

  島津 佳弘(経営企画委員会副委員長)

○鹿児島における再生可能エネルギーと風力発電について

  三原 博臣((一社)福岡電業協会事業委員会委員)

[大会決議]

「社会的貢献と顧客価値の創造に努め 夢と生きがいのある電設業界を目指そう」


第32回 新風会ゴルフコンペ
日時 平成24年10月5日(金)
場所 八尾カントリークラブ
  当日は、朝方までの雨も上がり時々薄日もさす絶好のゴルフ日和になりました、HC01名、シングル2名を含む17名の参加の元、和気あいあいの中にも厳しい戦いが繰り広げられました。
プロ並の素晴らしいショットや技もみられ、参加者全員有意義で楽しい一日をすごしました。
成績は次のとおりでした。(参加 17人)

順位
氏名
会社名
G
H
N
優勝
小林 恵
(株)ケイ電工
84
13.2
70.8
次勝
又川 晃
篠川電設工業(株)
77
4.8
72.2
三位
高道 雅之
北陸電気工事(株)
75
2.4
72.6

新風会コンペ
  優勝 小林氏

富山県土木部営繕課との意見交換会
日時 平成24年9月10日(月)
場所 富山県民会館 301号室
出席者

[営繕課]
竹林課長 篠島主幹 滝本課長補佐 野崎副主幹・係長

[当協会]
松岡会長  山ア副会長  草野副会長  増山常任理事  松田理事  中西理事
石黒理事  菅原理事 中瀬理事  魚住理事  笹嶋理事 大黒専務理事

概要 営繕課からは、新たな低入札対策の概要、今後の発注予定について説明があり、当協会からは業界の現状を説明し、総合評価方式における配置技術者の評価・工事成績評価について、また災害協定の運用上の諸問題について県当局の考えをお聞きし、意思の疎通を図った。

富山県教育文化会館で地震時の応急措置訓練の実施

富山県との「災害協定(略称)」に基づき 建築関連4団体外が、地震により教育文化会館が被災したとの想定で、応急措置訓練を行なった。

(想定災害状況)
 
(建築) 外壁の亀裂・タイルの破損
大ホール天井一部破損・ホワイエガラスのひび割れ
(電気) 引込管路及び引込ケーブルの破損
(衛生) 高置水槽回り配管の破断
(空調) クーリングタワー回り配管破断

日時 平成24年9月6日(木) 場所 富山県教育文化会館
参加者
(富山県) 教育文化会館 営繕課
(建築4団体 外1) (社)富山電業協会(担当:山本電機(株) 朝日建設(株))
(社)富山県建設業協会 富山県管工事業協同組合連合会
富山県空調衛生工事協同組合 北陸電気保安協会
応急措置訓練概要
 
地震発生後施設管理者が被災状況を概略確認後、「災害協定」に基づき被災状況調査及び応急措置を4団体の担当企業・電気保安協会に連絡、各企業の担当者が現地に到着後、直ちに施設管理者に同行し調査し被災状況を報告し、応急措置方法を施設管理者に提言した。

第40回通常総会
日時 平成24年5月17日(木)
会場 名鉄トヤマホテル
第1部

通常総会

  1. 開会のことば
  2. 総会成立宣言(定款第26条により会員の2/3以上)
  3. 会長あいさつ
  4. 議長就任(定款第25条により会長就任)
  5. 議事録署名人選出
  6. 議事
    第1号議案
    平成23年度事業報告について
    第2号議案
    平成23年度収入支出決算について
    (正味財産増減計算書・貸借対照表・財産目録)
    (監査報告)
    第3号議案
    通常会費の改定について
    第4号議案
    特例民法法人から一般社団法人への移行について
    第5号議案
    平成24年度事業計画(案)について
    第6号議案
    平成24年度収入支出予算(案)について
  7. 閉会のことば
  田会長挨拶 竹林営繕課長ご祝辞
第2部

優良従業員表彰式

  1. 開会のことば
  2. 表彰状授与
  3. 会長祝辞
  4. 受賞者謝辞
  5. 来賓祝辞
  6. 閉会のことば
優良従業員表彰受賞者
第3部

講演会

講師 谷川 真理 氏(マラソンランナー)
演題 忍耐は苦しいけれども その実は甘い
  谷川講師

谷川氏は、小さいときから運動が好きで色んなスポーツを経験され、その後25歳でマラソンランナーになり、現在も活躍されておられます。
講演では、本人が「走り続けてきた精神面の話」「走ることによる肉体的・精神的効能」についてエピソードをまじえながら語られた。また、現在取組んでおられる「地雷廃絶の啓蒙活動」について紹介され、一般の人の協力をお願いされた。
終わりに、一般の人が気軽にランニングに取組める様「走りのワンポイントアドバイス」を紹介された。

合同新入社員研修
日時 平成24年4月5日(木)・6日(金)
会場 (財)富山勤労者総合福祉センター 呉羽ハイツ
  講師に高沢由美氏(オフィス よしとも) をお迎えし2日間コースで開催した。新社会人としての自覚と意識の向上・よりよい人間関係の作り方をメインに、宿泊研修を行った。(当協会からの参加者 6名)


会場 高沢講師